1. ホーム
  2. お知らせ

担当者インタビューを掲載しました。(豊浦・洞爺湖子ども農山漁村協議会)

 「豊浦・洞爺湖子ども農山漁村協議会」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容は こちらからご確認下さい。

NPO法人自然体験学校洞爺・豊浦校

乳井 氏 

2011年3月31日

担当者インタビューを掲載しました。(小平町構造改善協議会)

 「小平町構造改善協議会 」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容は こちらからご確認下さい。

小平町経済課農林係

係長 斉藤 氏

2011年3月29日

受け入れ地域「プログラム造成・運営引率担当者」インタビューを掲載しました。

受け入れ地域で、体験プログラム作りや実際の運営や引率を行っている方のお話を伺いました。

実際どうやって作っているか、どんな観点で取り組んでいるのか、知ることができます。

こちらからご確認ください。

2011年3月26日

受け入れ地域担当者インタビューを掲載しました。(黒松内町子ども宿泊体験交流協議会)

 「黒松内町子ども宿泊体験交流協議会  」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容は こちらからご確認下さい。

黒松内役場 産業課

主幹 川上 正広 氏  

2011年3月24日

受け入れ地域担当者インタビューを掲載しました。~南十勝(大樹町)

「南十勝長期宿泊体験交流協議会 」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容はこちらからご確認下さい。

大樹町役場 産業課 商工観光課 子ども交流係

係長 清原 氏 

2011年3月18日

受け入れ地域担当者インタビューを掲載しました。~松前町~

「松前町ツーリズム推進協議会 」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容はこちらからご確認下さい。

「松前町ツーリズム推進協議会  ご担当者
松前町役場 商工観光課
主幹 佐藤 氏  

2011年2月22日

1月28日開催:定期セミナーのご案内 ★ 全国の自然体験の事例紹介~東北での取組みについて

 子ども農山漁村交流プロジェクト北海道ブロックコーディネート組織では活動事例やプログラムのご紹介、また受入れ地域の説明会など様々な企画を予定しております。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

          全国の自然体験の事例紹介 東北での取組みについて  

~育てて、捕って、作って、みんなで学ぶ「宿育&食育」IN桜っ子~   

 

主催

子ども農山漁村交流プロジェクト 北海道ブロックコーディネート組織 NPO法人ねおす 

日時

1月28日(金) 18:30 ~ 20:00

場所

子ども農山漁村交流プロジェクト インフォメーションセンター 

(〒060-005 札幌市中央区北5条西6丁目2番地 札通ビル1階) 

費用

無料

定員

20名

講師

秋田県大館市立釈迦内小学校 校長 五十嵐 經(いがらし おさむ)氏

講師紹介

1953年(昭和28年) 生まれ。東京学芸大学(教育心理専攻)卒業。

昭和52年より小学校教諭となり、以来34年間小学校勤務一筋。

校長として豊かな宿泊体験学習に取組んで5年目。前任校では宿泊体験のための積立を1年生から実施。

現、釈迦内小学校では宿泊体験のための保護者の負担金を軽減するため、「ひまわり油」の製造・販売に乗り出し、校長の傍ら「ひまわり油営業部長」としても活動中。

平成22年度は「秋田県生涯学習審議会委員」、「大舘市社会教育委員」を務めている。

お申込み方法

参加ご希望の方は、以下必要事項を記載のうえ、FAXもしくはメールにてお申込み下さい。

必要事項

・氏名(ふりがな)

・所属(社名もしくは学校名)

・住所

・電話、FAX

・メールアドレス

・(複数人数で参加の場合)参加人数合計

お申込み先

NPO法人ねおす  イイノ・タムラ宛

FAX   011-211-6529

MAIL kopro@neos.gr.jp 

 

お問い合わせ先

 子ども農山漁村交流プロジェクト北海道ブロックコーディネート組織

NPO法人ねおす <担当:イイノ・タムラ>

住所: 札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14 

TEL :  011-211-6565

HP  :  http://www.hokkaido-kodomoproject.com/

 

 

 

 

 

 

 

2011年1月20日

受け入れ地域担当者インタビュー掲載しました。~長沼町~

「長沼町グリーン・ツーリズム運営協議会」ご担当者様へインタビューをしました。のにご担当者様のご担当者亜s間 

このプロジェクトを進めるにあたり、「大事にしていること」「大変なこと」「地域の協力体制について」「お金の流れや担当窓口について」など、現地の本音を聞いてきました。

インタビュー内容はこちらからご確認下さい。

「長沼町グリーン・ツーリズム運営協議会」 ご担当者
長沼町産業振興課 長沼町グリーンツーリズム推進室
主事 桃野淑恵 氏 

2011年1月13日

1月12日開催:定期セミナーのご案内 ★ テーマ:「自然体験活動を通して得られる教育効果について」

 子ども農山漁村交流プロジェクト北海道ブロックコーディネート組織では活動事例やプログラムのご紹介、また受入れ地域の説明会など様々な企画を予定しております。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。 

主催

子ども農山漁村交流プロジェクト 北海道ブロックコーディネート組織 NPO法人ねおす 

日時

1月12日(水) 18:30~20:00

場所

子ども農山漁村交流プロジェクト インフォメーションセンター 

(〒060-005 札幌市中央区北5条西6丁目2番地 札通ビル1階) 

費用

無料

定員

20名

講師

 北海道教育大学 岩見沢校アウトドア・ライフ専攻

准教授 能條 歩 氏

講師紹介

1963年札幌市生まれ。

北海道教育大学岩見沢校アウトドア・ライフ専攻 准教授 博士(地球環境科学)

自然体験教育と環境教育の体系化を実践的に研究している。

北海道ネイチャーゲーム協会理事長、 北海道自然体験活動推進協議会副代表などを務める。 

 

お申込み方法

参加ご希望の方は、以下必要事項を記載のうえ、FAXもしくはメールにてお申込み下さい。

必要事項

・氏名(ふりがな)

・所属(社名もしくは学校名)

・住所

・電話、FAX

・メールアドレス

・(複数人数で参加の場合)参加人数合計

お申込み先

NPO法人ねおす  イイノ・タムラ宛

FAX   011-211-6529

MAIL kopro@neos.gr.jp 

 

お問い合わせ先

 子ども農山漁村交流プロジェクト北海道ブロックコーディネート組織

NPO法人ねおす <担当:イイノ・タムラ>

住所: 札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14 

TEL :  011-211-6565

HP  :  http://www.hokkaido-kodomoproject.com/

 

次回の予定

1月28日(金) 18:30~20:00

テーマ:  全国の自然体験活動の事例紹介 ~東北での取組みとは~

講師  :  大館市立釈迦内小学校 校長 五十嵐  經氏  

※急な変更が生じる場合もございますので、最新情報はホームページをご確認願います。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年1月7日

キックオフフォーラム開催のお知らせ

12月5日(日)に「子ども農山漁村交流プロジェクト リレーシンポジウムin北海道」を開催します。
元オリンピックカーリング選手の目黒萌絵氏らによるトークセッションや事例トーク、受け入れ地域の事例紹介をします。
内容ご確認のうえ、お気軽にお申込下さい。(定員100名:先着順)

主催

NPO法人ねおす、オーライ!ニッポン会議、北海道子ども農山漁村交流プロジェクト推進協議会

後援

北海道、北海道教育委員会、総務省、文部科学省、農林水産省

日時

12月5日(日)13:00~16:30

場所

北海道クリスチャンセンター(札幌市北区北7条西6丁目)

費用

無料

対象

小学校児童を持つ保護者の皆様

学校関係者の皆様

小学校児童を受け入れたい地域の皆様

参加方法

PDF資料に必要事項を記入のうえFAXにて返信、もしくは必要事項をメールに記入のうえ送信(先着順100名定員にて、お申込頂いてもご参加頂けない場合もあります)

当日の予定

当プロジェクトの概要ご案内とともに、以下を予定しております。

トークセッション

「私を強くした自然と地域」

目黒萌絵(元オリンピックカーリング選手・NPO法人どんころ野外学校所属)、能條 歩(北海道教育大学岩見沢校アウトドア・ライフ専攻准教授博士(地球環境科学)

事例スライドショー

「農山漁村で子どもはかがやく」

受入地紹介(黒松内、松前、豊浦、長沼、池田)

事例トーク

「子どもが変わる、地域が変わる」

新保元康(札幌市立山の手南小学校 校長)、寺部千絵(大樹町役場商工観光課子ども交流係)

その他

終了後、各受け入れ地域との個別面談もできます。(16:00~16:30)

お子様連れの方には、特別企画「子どもたちは、お外で遊ぼう!」(無料)もあるので安心です。

特別企画「子どもたちは、お外で遊ぼう!」内容

シンポジウム開催中、自然体験活動のプロがお子様をお預かりします。

お預かり中、札幌都心にある自然と触れ合える素敵な場所にお子様たちをご案内いたします。

   ・シンポジウムに参加される方のみの対象プログラムとなっております。

   ・当日は防寒着を着用して下さい。

   ・対象年齢は4歳以上です。

   ・ご不明な点は事務局までご連絡下さい。

 

このページのPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobeのサイトより最新バージョンをダウンロードの上御覧ください。

PDF

2010年11月1日